1. 背景・目的

高齢化社会の中65才以上人口が20%以上となっている今日、「サービス付き高齢者向け住宅」が必要不可欠な施設として、
省庁を超えた対策が施されています。そこで、24時間365日要介護者の安心・安全を提供するシステムが必要との判断から、
国土交通省住宅局の平成24年度 住宅・建築関連先導技術開発助成採択事業に認定され現在開発を進めております。
老人世帯の日常における動向確認、安否確認、非常時の連絡手法システムを導入することで、様々な状況確認がリアルタイムで
行う事が可能となり、必要な医療処置や看護・介護が行えます。おのずとヘルパーの方々の作業環境の改善と、入居者の方の
安心が確保でき、他の施設との差別化ができると考えております。


2. みまもり君の特徴

従来のサービスに加え、入居者、介護者の24時間365日見守り補助的ケアシステムが「みまもり君」です。

@ 出入り口における入居者の入退出の確認
  出入りをチェック確認するシステムで、カメラの映像から顔面認識を行い、入居者の出入りを確認できます。
  顔面認証されたデータはテキストデータとして、日時、氏名を指定されたサーバー上にファイリングされ、
  入居者の在宅確認ができます。
  徘徊老人として要注意の入居者の方の場合、受付やケアセンターに自動的に連絡が行くシステムです。
  日中や夜間の出入りを監視でき、セキュリティー機能として常時録画も可能です。

A 共用部における状況確認
  日常生活における転倒や不都合が生じた場合の監視システムです。
  けがや異常事態が起きた場合の原因追究です。
  早朝や深夜の補助システムです。

B 個室の異常事態の早期発見
  大きな音や、声をサーチすると画像を送信し、家族や関係者に一斉メールでお知らせします。
  顔面認証システムの動体検知にて、ベットからの立ち上がりを検知しメール連絡します。(寝たきりの入居者用)
  音感知にてベットから落ちた音を感知しメール連絡します。
  スピーカーマイクにて双方向の通信ができます。
  夜間の薄暗い部屋の画像も画像処理で鮮明に見ることが出来ます。
  ヘアセンターや医療機関との情報共有化
  ケアマネージャーや医療機関と日常の情報を共有化し、適切な介護の基礎データとして活用できます。


3. 24時間みまもり君がやさしく見守ります。






4. 「みまもり君」の先端技術

顔面認証システムの導入

現在、マーケティングの基礎データを取るために、開発実装されている顔面認識システムを応用することで、
対象者が少ない在宅ケアでは、利用者を特定することができ、外出履歴が作成可能となります。
履歴には、日時、天候、性別、見た目年齢、静止画像を登録し、利用者が外出中か在宅中かをサーバー内で把握することで、
異常時の連絡の誤操作防止を図るシステムも搭載しています。

画像鮮明化システムの導入

カメラ本体の逆光補正、明暗画像補正や、LED照明など色々と録画画像の性能は上がってきていますが、
就寝時など薄暗い状況下では、最良の画像がサーバーに送られてくるとは限らないので、サーバー内にて
確認用に送信されてきた画像の鮮明化処理を行い保存するシステムを導入します。